リバウンドしないダイエット方法とは

 

 

 

ダイエットをする人にとってリバウンドというのは恐ろしいものですよね。

 

 

中には幾度となくダイエットに挑戦し、その度にリバウンドを繰り返してしまう方もいます。

 

 

先にお伝えしておきますが、もしあなたがリバウンドを繰り返しているとしたら

 

 

可能なかぎり早く対策をとって正しいダイエット方法を学ぶべきです。

 

 

なぜならリバウンドを繰り返すことで代謝が落ちてしまい、レプチンというホルモンの働きも

 

 

鈍くなることによってより空腹感を感じ、脂肪のつきやすい体になってしまうからです。

 

 

 

 

少し脅すような形になってしまいましたが、そこまで心配なさらなくても大丈夫です。

 

 

リバウンドを繰り返している場合は多少、体の状態を戻すのに時間はかかりますが

 

 

ちゃんと食事と運動を見直していけばリバウンドしにくい体になることも十分可能です。

 

 

また、せっかくダイエットが成功してもリバウンドしたくないという方も

 

 

こちらのページはよくご覧になってください。

 

 

 

 

リバウンドしないためには無茶なダイエットはしないこと!

 

 

どうして多くの方がダイエットを頑張った結果、リバウンドをしてしまうかというと

 

 

無茶なダイエットによって(主に食事制限)筋肉量が激しく落ちてしまい代謝が低下してしまうからです。

 

 

よくこんなダイエットをしたこと・聞いたことがありませんか?

 

 

 

・野菜だけ食べるダイエット

 

・バナナだけダイエット

 

・水だけ飲んで無理やり痩せる

 

・スープダイエット

 

 

 

確かにこれらは一時的に痩せはしますがリバンドしやすい体になる代表的なダイエット法方です。

 

 

水やバナナは明らかにリバウンドしそうなダイエットだと思われるでしょうけれど

 

 

野菜やスープのダイエットのどこが悪いと思いますか?体に良さそうですよね。

 

 

実は大事なのは食材うんぬんの話ではなく、明らかにエネルギー不足(カロリー不足)

 

 

であるのがこれらのダイエット方法の特徴です。

 

 

極端にカロリーを落としてしまうと確かに痩せはするのですが、一緒に大事な筋肉まで落としてしまいます。

 

 

筋肉が落ちるということは消費エネルギー量が落ちる=代謝低下ですから

 

 

当然リバウンドしやすい体になると言えます。

 

 

 

また、そもそもですが野菜こそがダイエットに効果的だという認識は間違っています。

 

 

もちろん野菜というのは必ず食べた方が良い食材ですし、ダイエットには必須ではあります。

 

 

ただ、野菜ばかりになってしまうことで総カロリーが少なくなるのと

 

 

極端にタンパク質や脂質も少なくなるため筋肉が落ちやすくなったり髪がパサ付きやすくなる、

 

 

ホルモンバランスが乱れやすくなるといったデメリットがあります。

 

 

これは明らかにダイエットや美容にはマイナスポイントですよね。

 

 

なので私の指導では野菜ばかりという食事指導は行わずに、あくまでも総合的に

 

 

栄養をちゃんと摂れるようなアドバイスを行っていきます。

 

 

くれぐれも無茶なダイエットは行わないようにしてくださいね。

 

 

食事=減らせば減らすほど良いことではなく、ちゃんと食べる!ということをまずは意識してください。

 

 

食べないダイエットというのは必ずリバウンドにつながります。

 

 

 

 

リバウンドを防ぐためには筋力トレーニング!

 

 

リバウンドをする理由としてはダイエットによって筋肉が落ちてしまうことにありますので

 

 

しっかりと筋肉量を維持したまま体重を落とすことが重要になってきます。

 

 

そのためには食事でタンパク質をしっかりととりながら、無理のない範囲で食事制限をかけることと

 

 

筋力トレーニングによって筋肉に刺激を与えて筋肉量を維持もしくは向上させることが必要です。

 

 

そのため、食事制限のみで痩せようとするとどうしても筋肉量が落ちてしまうため

 

 

せっかくダイエットが成功してもリバウンドしやすい体になってしまいます。

 

 

特に女性はもともと筋肉量が少ない方が多いので

 

 

相当意識してタンパク質をとりながら、質の高いトレーニングをする必要があるんですね。

 

 

 

 

リバウンドを防ぐには体重を計る!

 

 

そんなの当たり前!と思われるかもしれませんがこれはとても大切なことです。

 

 

慶應義塾大学の調査によると

 

 

ダイエット成功後にリバウンドしない人とリバウンドをした人の生活習慣の唯一の違いというのは

 

 

体重を定期的に計る習慣があるかないか

 

 

の差だけであったとのことです。

 

 

人間というのは悲しいかなすぐに良い習慣を忘れてしまうもので

 

 

せっかく体重が減って意識が変わりつつあるのに、そこからまた元の生活に戻ってしまいます。

 

 

体重を計るという行為は何気ないように見えて実は自分の体型へ意識を向けるための

 

 

とても良い方法だったんですね。

 

 

私は過去にリバウンドをしてしまった方と何十人も、いや確実に100人以上はお会いしてきましたが

 

 

そのほとんどの方が「体重を久々に計ったらとんでもないことになっていた」と言うのです。

 

 

こうしたことからもわかるように体重を計るだけでもリバウンドは防げます。

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

リバウンドをしない方法というのは実はちゃんと存在していて

 

 

誰にでもできる方法であったりするんです。

 

 

日頃のちょっとした意識でもリバウンドするかしないかは大きく変わってくるため

 

 

それを早く習慣化するようにしていただければリバウンドは基本的に防ぐことができます。

 

 

 

 

こちらの記事は岡島の指導方針とも合わせてご覧ください。

 

指導方針のページ